整腸作用

発酵食品には乳酸菌が豊富

人間の腸内に住み着いている腸内細菌の多くは、善玉菌である乳酸菌で、身体の健康維持に役立っています。
乳酸菌は、色々な発酵食品の製造に用いられてきました。

乳酸菌が多く含まれている食品の代表的なものとして、
ヨーグルトや乳酸飲料などの発酵乳製品が多く知られていますが、実は日本人の古くからの食生活に欠かせない
お味噌やお醤油、たくあんなどの発酵食品にも乳酸菌は豊富に含まれています。

発酵食品は、カビや酵母、細菌などの微生物の作用を利用して作られた食品で、
通常は食物が細菌などによって分解されると腐敗してしまい、身体に対して有害なものになってしまいますが、
微生物の働きによって酸味を主体とした味や香りの変化を与え、乳酸によって食品のpHを三世に偏らせ
『発酵』された場合には、独特の風味や味のある食品を作り出すことができ、腐敗や食中毒の原因となる
ほかの微生物の繁殖を抑えて食品の長期保存を可能にしています。

特に、高温多湿の日本では、
古くからコウジカビなどの発酵を活用して醸造業を発展させたなどの背景もあります。
醸造酒や日本酒、ヨーグルトやチーズ、お味噌、お醤油、たくあん、納豆、キムチなどがそうです。

発酵食品には、乳酸菌が豊富に含まれているので、
消化・吸収も良く私たちの健康にプラスの効果を与えてくれます。

本来はお醤油やお味噌などで味付けしたいわゆる和食は主食であった日本人が、
年々欧米化した食生活になってきたことによって日本人の大腸ガンが増えてきています。
欧米人と日本人では腸の長さの違いなどもあり、
欧米人のような肉食が主食であると消化などがうまくいかなくなるからです。

ですが、乳酸菌の含まれた発酵食品を多く摂取するようにすることによって
発がん性物質を排出させる効果があると報告がされています。

これらのことからもわかるように、様々な発酵食品がある中で日本人がより効果を期待するのであれば、
ヨーグルトを摂取するよりも納豆を摂取したほうが体質的にも効果が大きく現れるということです。

Menu