整腸作用

免疫力を活性化するEF-2001

腸の働きを正常にしたり、免疫力を挙げたりする効果のある乳酸菌の中でも
特に免疫力を活性化する最も強い働きをするのがエンテロコッカス・フェカリス菌のEF-2001株です。
エンテロコッカス・フェカリス菌のEF-2001乳酸球菌は、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を減らすだけでなく、
ラクティス菌よりも免疫活性に優れています。

体内に細菌やウイルスなどが進入すると、血液中の好血球やマクロファージが退治してくれますが、
マクロファージが退治しきれなかった細菌などは、リンパ節でT細胞の働きによって戦いが起こります。
ガン細胞の場合はガン専門のナチュラルキラー細胞が戦います。

加齢などによって腸内の免疫バランスが崩れてくるとT細胞の量が減ったり、
ナチュラルキラー細胞の活性が衰えてきて、病気などに感染しやすくなったりガンが発生してしまうのです。
これらの免疫器官が健康であれば、様々な病気やガンになりにくいと言えるので、
腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整え免疫力を保つことは、健康を維持する上でとても重要なことになります。

さらにはエンテロコッカス・フェカリスは体内で短鎖脂肪酸に変化します。
短鎖脂肪酸は食物繊維と同じような働きを持ち大腸の蠕動運動を促すので、
便通や腸のトラブルを改善してくれると同時に、肝臓で脂肪燃焼作用を促進させる効果までもがあるので、
ダイエットにも役立ちます。

EF-2001株は特許を取得していて、EF-2001はたくさんの効果が証明されています。

・ 免疫増強効果
・ 抗アレルギー効果
・ 放射線防護効果
・ 腸管病菌予防効果
・ 浮腫抑制効果
・ 抗糖尿病効果
・ 血圧上昇抑制肝機能改善効果

などなどさまざまです。

エンテロコッカス・フェカリスは加熱処理をしても生菌の状態でも効果にかわりがない為に、
サプリメントを作る際にわざと加熱処理を施すことによって、
白血球を活性化させる能力をさらに高めることができます。

加熱して作用を安定させることにより、耐熱性、あらたに乳酸が生成されないので品質が安定する、
酸味がなくなり味に影響しないなどの利点が得られます。

医薬品としても販売されていますが、副作用がない為に高機能健康食品としても扱われています。

Menu