整腸作用

乳酸菌を多く含む食品

乳酸菌を多く含んでいる食品というと、ヨーグルトと答えられる方がほとんどではないでしょうか。

乳酸菌は大きく分けると、2種類に分類されます。
一般的に知られているヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌と、
野菜や大豆などの発酵食品に含まれる植物性乳酸菌の2種類です。

動物性乳酸菌はヨーグルトの他にチーズなど、植物性乳酸菌を含む食品は、
日本人にとても馴染みのある食べ物が実は多くあります。
植物性乳酸菌には味噌や醤油、漬物、納豆などが挙げられます。

<世界の植物性乳酸菌を含む食品>
韓国    … キムチ
中国    … ザーサイ
ドイツ   … サワークラウト
ヨーロッパ … サワーブレッド
日本    … 漬物

これらの食品にはラクトバチルス・プランタラム、ラクトバチルス・プレビスという乳酸菌が使われていて、
酸味の持つ効果によって食欲増進や疲れを癒す効果があります。

植物性乳酸菌は、ヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳酸菌より厳しい環境の中で生息していたこともあるので、
通常、乳酸菌は胃酸などによって死滅してしまうものがほとんどですが、
漬物などに含まれる植物性乳酸菌は腸まで生きて届くので、より効果的に働いてくれると言えます。

ぬか漬けを作るときに使うぬか床は植物性乳酸菌が豊富に含まれていて、
その数はぬか床1gに対して10億匹も存在するといわれています。

ヨーグルトに使われている乳酸菌には、
ビフィズス菌やブルガリア菌、アシドフィルス菌、サーモフルス菌などがあり、
これらの菌を使うことによってヨーグルト独特の酸味やとろっとした食感などが出ます。

そのほかにヨーグルトの持つ効果として、消化吸収のされやすさや免疫力を高める効果などがありますが、
ヨーグルトの種類によって特徴や性質が少しずつ異なります。

どのメーカーのヨーグルトが誰にでも効果があるというわけではなく、
それぞれが合ったヨーグルトを選ぶ必要がありますのでご注意ください。
手軽に摂取できる乳酸菌飲料もおすすめです。

Menu