整腸作用

腸内の善玉菌を増やす乳酸菌

日本人が欧米人と同じような肉類・脂質の多い食べ物を多く摂取して
野菜が不足することによって悪玉菌が増えて便秘になってしまいます。
便秘の解消をするには、食生活を改善したり善玉菌を含む食品を摂ったり、
食物繊維など善玉菌の好む食品を摂る必要があります。

善玉菌を増やす食べ物の種類は大きく分けて3つあります。

<乳酸菌を多く含む食べ物>
ヨーグルトやチーズ(特にナチュラルチーズ)、納豆、みそ、キムチなどの発酵食品に
多く乳酸菌が含まれています。
善玉菌の代表である乳酸菌を積極的に補うことによって、
本来、腸内の善玉菌が好む環境に腸内を整えられます。

注意点として、乳酸菌は非常にデリケートなので胃酸や胆汁で多くが死滅してしまいますので、
生きて腸まで届く乳酸菌である『プロバイオティクス』を選ぶ必要があります。

<オリゴ糖やグルコン酸を多く含む食べ物>
オリゴ糖は善玉菌の餌となるので、腸内で善玉菌を増やす効果があります。
近年オリゴ糖の研究が盛んになっていて、さまざまな食品群で『特定保健用食品』
いわゆる<トクホ>として市販されています。

オリゴ糖の種類もさまざまあり、
ラフィノース、キシロオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖などがあります。
オリゴ糖や食物繊維を多く含むバナナ、オリゴ糖とグルコン酸を両方含んでいる
はちみつ、グルコン酸むお酢からつくるポン酢がお勧めです。

<食物繊維を多く含む食べ物>
食事によって摂取した食物繊維が腸内の細菌により分解されると、
有機酸が作られ腸内環境を酸性に傾かせるので、善玉菌が育ちやすい環境へ整えられると言えます。
また悪玉菌を殺す働きのある納豆菌を摂取すると腸内の悪玉菌が減り善玉菌が増殖しますので、
納豆もお勧めです。

Menu