整腸作用

花粉症やアレルギーの緩和にKW乳酸菌

KW乳酸菌はキリングループが開発した乳酸菌で、一般的な乳酸菌は腸の働きを整えたりすることで
知られていますが、KW乳酸菌は花粉症やアレルギー症状を緩和する作用がある乳酸菌です。

キリングループが保有していた100種類以上もの乳酸菌株から研究を重ね、
アレルギー対症のテストなどを繰り返し行い結果が得られるものが見つけ出されました。

現代では、花粉症や食物アレルギーの患者が増えていて、
中には重度のアレルギー症状に悩まされて日々の生活をおくるのさえ大変な患者さんもいます。
ですが、アレルギー疾患の治療法はほとんどが対症療法のみとなっていて、
治療方法の中には副作用が懸念されるものも多くあります。

そんな中でのKW乳酸菌(乳酸菌KW3110株)の発見は、とても期待が込められているものでもあります。
もともと乳酸菌をはじめとする善玉菌には免疫力を高めてくれる効果もありますので、
アレルギー症状に対しての効果も期待できるといえるでしょう。

乳酸菌には生きたまま腸内細菌に働きかけるものだけではなく、
乳酸菌がいきていても死んでいてもそれに関係なく、乳酸菌自体に身体が作用し、血圧やコレステロール値、
さらには免疫能力を保つという『バイオジャニックス』効果もあるといわれていて、
乳酸菌でアレルギー改善効果はこのためといわれています。

シソやトマト、甜茶などアレルギーに効くといわれている食品もあります。
これらもアレルギー症状にもちろん効果はあるのですが、効果が発揮できるのは
目や鼻の粘膜にだけ効果が期待できるもので、根本に効果が期待できるものではありません。

いわば表面のみに効果は発揮できるので一時的には効き目はあるけど、根本には効いていないので、
表面的な作用が切れてしまえばまたぶり返すというものです。
それに比べてKW乳酸菌は、アレルギー症状の根本部分に対して効果を発揮し、
アレルギー症状が出ないように根本に作用させるので、さらなる効果を期待できるわけです。

アレルギー症状を沈める為の対症療法では抗生物質を使うことも多くありますが、
抗生物質は悪玉菌だけではなく善玉菌をも殺してしまいます。
予防を目的としていたり、そこまで強いアレルギー症状でない場合は、
KW乳酸菌などの善玉菌に優しいものを摂取してみて様子を見てみるのもいいのではないでしょうか。
是非みなさんも乳酸菌で健康生活を始めてみませんか。

Menu