整腸作用

苛酷な環境でも生き抜く植物性乳酸菌

糖を分解して有機酸(乳酸や酢酸)を生成する乳酸菌は、腸内環境を整え健康へと導いてくれるもので、
ヨーグルトなどに含まれていると一般的には多く知られています。

ですが、実は私たちの食卓に並ぶことの多い食べ物にも多くの乳酸菌が含まれています。
植物性の発酵食品が主ですが、ヨーグルトやチーズなどの動物性のものに比べて栄養のバランスが不安定な為に、
刺激が強く過酷な環境でも生き抜く力を備えています。

<動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い>
・糖や栄養との関係
動物性乳酸菌は乳糖のみに存在し、糖の濃度は一定で、
さらには栄養が豊富でバランスが良い場所でないと生息できない。

植物性乳酸菌はブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖などさまざまで、
糖の濃度が薄くても濃くても、さらには栄養状態がよくない場所などでも生息することができる。

・食塩との関係
動物性乳酸菌は塩分のある場所では生息できないが、植物性乳酸菌は高濃度の塩分があっても生息できる。

先に述べたように、植物性乳酸菌は私たちの食卓にありふれています。
日本食に必ずと言っても良いほどに使われるお醤油や味噌、さらには漬物や納豆などの発酵食品は
まさに植物性乳酸菌が豊富な場所です。

日本食の他には、韓国でお馴染みのキムチ、中国のザーサイ、
ヨーロッパではサワークラウトやサワーブレッドが植物性乳酸菌が多く含まれる食品です。

植物性乳酸菌は過酷な環境でも生き抜く力を持っていますので、動物性乳酸菌のように胃酸などで死滅せずに
腸内にまで届くことはもちろん、腸内に届いてからもなお生き続けることができるのが大きな特徴と言えます。

植物性乳酸菌の商品として知られているのはKAGOMEの『植物性乳酸菌ラブレ』 ですが、
他の乳酸菌飲料として知られているもの動物性乳酸菌飲料とは違い、飲みやすさがポイントです。
ヨーグルト主体の飲料ではなく、りんごやにんじん、大豆、ライムといった植物素材を
メインに配合した飲料なので、後味もすっきりしていてカロリーが比較的低めに抑えられています。

ヨーグルト独特の口の中に残る後味が苦手な方や、カロリーが気になると言う方におススメのタイプです。
ここで乳酸菌が多く入った食品についても知っておけば、日常生活でお役に立ちます。

Menu