整腸作用

1つだけじゃない!乳酸菌の種類

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を生産する細菌の総称を言います。
乳酸菌飲料、チーズやバターなどの発酵食品などのほか、
私たちの生活のあらゆる分野で有効に利用されています。

約100年前に乳酸菌のひとつであるビフィズス菌が発見され、
その後、乳酸菌が健康や老化に大きく関係があると研究されるようになりました。

酸を生産することによってエネルギーを作り腸内細菌のバランスを回復する整腸作用や免疫増強作用、
さらには発がんやコレストロールを抑制する作用などがあります。
先に述べたように、乳酸菌とは乳酸を生産する細菌の総称のことを言い、
乳酸菌と呼ばれる細菌には様々な種類があります。

<乳酸菌の種類>

・ビフィズス菌 …  善玉菌の代表とも言えるビフィズス菌は、糖を分解して乳酸や酢酸、ギ酸などを産生して
           腸内を酸性にし、大腸菌をはじめとする病原性腸内細菌を増殖しにくくさせ、
           大腸菌の増殖を抑制する働きを持ちます。

           ビフィズス菌は、乳児時期には腸内細菌の99%もを占めていますが、
           幼児期になると10%、老年期には1%にまで減少するといわれています。

・ヤクルト菌   … 胃液や胆汁などの強い殺菌力の消化液にも耐えて腸にまで到達する強い乳酸菌です。

・KW乳酸菌   … 免疫力を高める乳酸菌で、
           花粉や食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などに悩む方に効果が期待できる乳酸菌です。

・L29乳酸菌  … 生きたまま腸に届くことができる乳酸菌で、
           正式名称は『ラクトバチルス・アシドフィルスL92株』と言います。

・ETF-2001… 乳酸菌の中でも免疫力を活性化する最も強い働きをするもので、各種乳酸球菌の中で
           最もTNF-アルファ活性が高く、ラクティス菌よりも免疫活性に優れています。

・ラブレ菌    … すぐき漬けの中に多く含まれる植物性乳酸菌で、酸や塩分に強く、胃液や腸液に耐えて
           『生きたまま摂取できる』植物性乳酸菌として健康食品などに多く使われています。

その他、LG21、コッカス菌、クレモリス菌などさまざまあります。
こちらのhttp://www.williapps.com/でもいくつかの乳酸菌について詳しく解説されています。

Menu