整腸作用

腸内環境改善に乳酸菌

『私たちの健康は腸で決まる』と言っても過言ではないほどに、腸内環境は私たちの健康に深く関わっています。
腸は、日々の食生活の中で食べ物や飲み物から栄養素を吸収してくれるとても大事な器官であり、
腸で吸収された栄養は、血液の質や体質を決める重要なポイントとなります。

実は、腸は『第二の脳』とも呼ばれているのをご存知でしょうか。
腸では、良いと判断したものは吸収し、悪いと判断したものは排除するという良い・悪いの判断・
さらには記憶することができることや、脳内の神経伝達物質(セロトニン)の95%もが
腸で作られているとも言われているからです。

緊張のあまりにお腹が痛くなる …という経験はないでしょうか?
まさに、脳内で考えたことによって腸が刺激されるという証拠ではないでしょうか。

そして、この腸の中には100兆個もの細菌が住み着いています。
腸内細菌の種類は、乳酸菌やビフィズス菌を代表とする善玉菌、大腸菌などの悪玉菌、
または体調や食べ物などによって善玉菌にも悪玉菌にも変化するという日和見菌という、
3種類に分類されますが、そのそれぞれが腸内に存在していて、健康な人は善玉菌と悪玉菌のバランスが
良く保たれている状態にあるといわれます。

健康な人の腸内では、善玉菌が多く存在して悪玉菌を減らしていますが、日々の腸内へ取り入れる
飲食物の種類や量、質によってや、老化やストレス、過労などによって、腸にダメージが貯まること
などによって、簡単に善玉菌と悪玉菌のバランスが逆転し、悪玉菌が優勢に働いてしまいます。

悪玉菌が増えることによって、腸が今まで判断してきた吸収するべき良いもの・排除するべき悪いものという
判断能力が鈍ってしまい、判断ミスを繰り返し免疫力が低下してしまうのです。

腸の免疫力が低下すると、下痢や大腸炎、食物アレルギー、
さらには大腸ガンまでもを発生させることとなります。
このような事態にならないためにも腸内環境を整え、免疫力http://www.jannuslandingconcerts.com/byouki.htmlをしっかりと維持することが必要というわけです。

腸内環境を整えるためには、やはり善玉菌を多く保つ必要があり、
善玉菌と呼ばれる腸内細菌には乳酸菌が挙げられます。
また、ここで乳酸菌とオリゴ糖についても参考にご覧ください。

Menu