整腸作用

生きて腸に届くヤクルト菌

腸内の善玉菌を増やす為に乳酸菌を摂取しますが、乳酸菌の多くは腸にまで届く前に
胃液や胆汁などによってほとんどが死滅してしまうということが良くあります。

胃液の状態や体調などによっても変わってきますが、胃液が多く胃酸の濃度の高いときに乳酸菌を摂取すると、
やはり90%は胃液で死滅してしまい、腸まで届くのはごくわずかとなります。

胃液や胆汁も、体内に侵入してきた菌をやっつける為のものですので、
善玉菌だと判断することも難しいので仕方がないとも言えます。

胃液などの消化液にも負けないで腸にまで生きたまま乳酸菌を届けるには、
乳酸菌を強化培養するなどして強くする必要があります。

ヤクルトが開発した乳酸菌シロタ株やBベレーブ・ヤクルト株は、
人工胃液での耐性実験で他の菌よりもはるかに強いことや、実際に乳酸菌シロタ株やBベレーブ・ヤクルト菌を
摂取している人の糞便中から生きた乳酸菌が発見されていることから、
腸にまでしっかりと生きたまま届いたと言えます。

乳酸菌シロタ株の働き
・腸の働きを高めて腸の蠕動運動を活発にする。
便の水分含量や排便回数が正常になります。

・悪玉菌の腸内増殖を防ぐ
腸内で増殖しつつあった悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことができます。
悪玉菌の働きを抑えることによって腸内腐敗を防ぐことができます。

ヤクルト社で開発された2つの腸まで生きたまま届く乳酸菌ですが、この2つにも違いはあります。
どちらも生きたまま腸にまで届くのですが、乳酸菌シロタ株は主に小腸で栄養分の消化・吸収に作用し、
Bブレーベ・ヤクルト菌は主に大腸で水分含有量の調節をして便を作るぶぶんで作用します。

腸まで生きたまま届く乳酸菌、死滅してしまう乳酸菌、腸まで届いても作用する場所が違う…などと、
一言に乳酸菌と言ってもさまざまありますので、ご自身に合った乳酸菌を選ぶことが重要です。
乳酸菌を多く含む発酵食品はヨーグルトが有名ですが、その他にもたくさんあります。
こちらのサイトに載っていますので是非参考にしてください。

Menu