整腸作用

年齢と共に減少していく善玉菌

善玉菌というと乳酸菌やビフィズス菌が良く知られていますが、成人の大腸内にいる善玉菌の99.9%以上もが
ビフィズス菌であると言われていて、その数は乳酸菌のおよそ1000倍です。
生後1週間程度のお母さんの母乳を飲んでいる産まれたばかりの赤ちゃんの腸内の95%以上は、
ビフィズス菌で占められているものですが、離乳期になりさまざまなものを口にしたりすることによって、
1歳でビフィズス菌の数は半分にまで減少してしまいます。

その後も、年齢と共にビフィズス菌は減り続け、成人することには10~20%程度しか残っておらず、
中高年の世代には数%までに減少し、加齢するにつれてビフィズス菌が全く検出されない人も増えていきます。

ビフィズス菌を代表とする善玉菌が減少していく背景には、
老化に関係するテロメラーゼという酵素や活性酸素などによる影響以外にも、
バクトロイデスなどの酸素を嫌う菌が優勢となっていくことの他にも、食生活やストレス、
便秘や抗生物質などの薬の服用など複合的な要因によるものですので、
特に現代に生きる成人の方の腸内では、善玉菌がどんどん減少する傾向にあると言えます。

腸内細菌の全体数は決まっていて、善玉菌と悪玉菌の両方が同居し存在しています。
それぞれのバランスを取って存在していますので、善玉菌が減少していくということは
悪玉菌が増えていくということになりますので、腸内の最近バランスが崩れて身体に様々な変化をもたらします。

悪玉菌が増加し優勢になってくると腸の働きが弱まり、便秘になります。
そして、便秘によって肌荒れを起こし、更には風邪をひきやすくなるなど
免疫力の低下などにも繋がってしまいます。

若いうちでは腸内環境が多少悪くなることがあったとしても修復は簡単ですが、
加齢と共に善玉菌が減少する状況ではなかなか難しいのです。

▼乳酸菌がわたしたちにの体内にもたらしてくれる効果についてはこちら

Menu